2012年07月02日

手相と仕事運

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

一口に仕事運と言っても、ビッグになれるかどうかや転職の時期、適職などなど、様々な観点があると思います。

それぞれ金運と関係していたり、生命線や運命線の流年をチェックしたりと、他の要素と複合的にみていくのですが、ここでは手のひらの線から離れた、手の形でみる適職傾向をご紹介しましょう。

それでは手の平ではなく手の甲から、ご自分の手を確認してみてください。

■四角い手
手全体が四角く、全体にごつごつしたタイプの人は、真面目な努力家と言われています。

また常識を大切にする人でもありますので、組織の中で力を発揮する、ビジネスマンとしての適正を持っています

堅実に、一歩一歩出世の階段を上って行くことのできる人です。

■丸い手
手全体が丸くふっくらしていて、指の関節もあまり目立たないような人は、明るく話好きで、周囲の注目を集めるのが上手な人

コミュニケーションが大切な仕事で力を発揮します。

営業職やお店の店員さん、そしてマスコミ関係などがおススメです。

■細くて指先の長い手
全体に細くて縦長で、指先の細い手の人は、ロマンチストだといわれています

霊感や直感も強い人が多く、芸術的な分野で才能を発揮します。

また思いやりも強い人が多いので、看護師さんのような奉仕的な職業にも向いています

ただ、体力には恵まれない人が多いので、無理は禁物です。

■節々がごつごつした手
全体に骨っぽく、関節がやたら目立つ節々がごつごつした手の人は、好奇心が旺盛な人

また、孤独に強い人も多いので、じっくり研究する学者や技術者として適正を持っています

理路整然と物事を考えることのできる人でもあるので、教師のような仕事にも力を発揮するでしょう。

■指先がヘラのように広がっている手
手が大きく、指が長く、指先がヘラのように広がっている手の人は、意外や意外、手先の器用な人

熟練した技術が必要な職人さんとして、大きな能力を持っています

また自信家でもあり、じっとしているのが苦手なタイプなので、政治家やリーダとして活動している人も多いようです

■原始人のような手
原始人を見たことがないのであくまでイメージですが、全体的に肉厚で指が太くて短い手の人は、純朴で心の温かな人

あまり難しい事を好まず、人付き合いも得意な方ではないので、スポーツマンやガテン系の、身体を使う仕事がおススメです

口下手なので、くれぐれも商売には手を出さない方が無難です。

仕事運をあげるには、やはり自分に向いた仕事を選ぶことが大切な要素です。

これから仕事を選ぼうとしている人や転職を考えている人は、是非参考にしてくださいねわーい(嬉しい顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)



posted by 手相占いゆみ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

金運の良い手相

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

手相で金運をみる時、私は大きく3つの観点からチェックします。

1つは持って生まれた金運、1つは自分で切り開く金運、そしてもう1つは自身の金運をどう扱うかと言うポイントです。

それでは、1つずつみていきましょう。
金運.jpg

■持って生まれた金運
元々その人が兼ね備えている金運は、薬指の付け根に伸びる太陽線でみて行きます。

薬指の下に、しっかりとした縦線が伸びていれば金運の強い人

線が無かったり、あっても途切れ途切れや弱々しいものは、金運の薄い人になります。

また、薬指の付け根の太陽丘と呼ばれる部分が、しっかり厚みを持って膨らんでいる人は、やはり金運に恵まれた人と言えるでしょう。

太陽線、太陽丘ともしっかりしている人は、お金の苦労なく人生を送れる人が多いようです。

■自分で切り開く金運
例え太陽線や太陽丘が弱くても、自分で切り開く能力さえあれば金運はついてきます。

それをみるのが小指の下に伸びる財運線です。

太陽線同様、この線がしっかりしていれば、仕事や商売などの才能に恵まれ、後天的に金運を高める事が可能です。

ただ仕事にまつわる金運である以上、しっかり目標を持って努力しなければ金運には結びつきません

■金運をどう扱うか
そして最後は金運をどう扱うか、わかりやすく言えばお金の使い方ですね。

まず、手相をみてもらうつもりで、両手を前に差し出してみてください。

この時、指と指の間に隙間が開かないようしっかり閉じてさしだした人は、金銭感覚の堅実な人手(パー)

こういう人なら、多少金運に恵まれていなくても、収入の範囲で生活を楽しむ事ができるので、貯金もしっかり貯まりお金に困る事はありません。

逆に指を開いた状態で手を出して、なおかつ小指と薬指の間が異常に開いている人は要注意。

何故なら太陽線と財運線の金運が、ここから全て逃げてしまうからです。

もしこのタイプなら、日頃の生活を振り返ってみて、お金の使い方を是非見直してください。

ちなみに私はこのタイプ、手相って、当たりますねがく〜(落胆した顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

posted by 手相占いゆみ at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

流年

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

結婚線だけでは読み取れない具体的な結婚の時期や恋愛のタイミングは、流年、もしくは流年法という手法を用いて占います

また、この流年を読み取る事で、結婚だけじゃなく就職や引越しなどの運命が変化するタイミングも占う事ができます

流年の取り方は鑑定士によって解釈の分かれるところなのですが、この流年をどれだけ正確に読み取るかが手相占いの醍醐味であり、占い師の腕の見せ所にもなってきます。

それではどのように流年を取って行くのか、生命線を例にみていきましょう。
流年.jpg

まず人差し指の付け根の幅を計り、その幅を生命線に順に刻んでいきます

スタート位置を15歳、その幅毎にに21歳、29歳、40歳、55歳、81歳と年齢を定めていきます

そしてそれぞれの中間点を、18歳、25歳、34歳、47歳、67歳とします

更にその間をミリ単位で細かく刻んでいく事によって、正確な年齢を読み取っていくのです。

ちなみに生命線に対してタテに交わる線を、結婚や就職など人生上のプラスの出来事を示す開運線ヨコに交わる線を、離婚や肉親との死別などマイナスの出来事を示す障害線と呼んでいます。

皆さんの手に刻まれた流年に対し、どのタイミングで開運線や障害線が関っているのか、自分の人生を振り返りながら確認してみてください手(パー)

きっと納得できる事が多いのではないでしょうか。

ちなみに手相家の先生の中には、年だけでなく月までも読み取る“流月法”を駆使される方もいらっしゃいます。

まだお会いした事は無いのですが、いつかその極意を伝授いただきたいものですわーい(嬉しい顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

posted by 手相占いゆみ at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。