2012年10月18日

手のひらの丘

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

手相をみる大きなポイントの一つに“丘”と呼ばれる手のひらのふくらみがあります手(パー)

そして、この丘にはそれぞれ惑星の名前が付けられていて、そのふくらみや重要な線がどのように係わっているかで、その人の性格や運勢を判断していきます

それぞれの丘にどんな意味が込められているのか、見ていきましょう。
手のひらの丘.jpg

■「木星丘」
人差し指の付け根のふくらみを“木星丘”と呼び向上心や独立心、そして指導力などを示します

この丘のふくらみが強い人や、ここにタテの線が刻まれている人は、常に夢を追い求めて前進を続けるリーダータイプ

逆にふくらみが少なかったり、タテ線が無い場合は、自信や気力に乏しいちょっと弱気なタイプになります。

■「土星丘」
中指の付け根は“土星丘”と呼ばれ我慢強さや現実的な物の考え方、そして社会との関わりの強さを表します

ここが発達している人は現実的な努力家、一歩一歩着実に前に進んでいくタイプの人です。

土星丘の発達が少ない人は、頑張りが利かなかったり社会との適合が下手な人だったりします。

■「太陽丘」
薬指の付け根の“太陽丘”が示すのは人気や名声、長期的な金運、そして芸術性など

クリエイティブな分野で成功を収めるには、ここが発達していることが重要な要素になります。

太陽丘の弱い人は、夢を実現するには困難が付きまとうため、人一倍の努力が必要になるでしょう。

■「水星丘」
小指の付け根の“水星丘”が発達している人は、情報分析力やコミュニケーション能力の優れた人

商才にも恵まれているので、ビジネスでの成功に期待が膨らみます

水星丘の弱い人は、対人関係が苦手なため、社会生活に支障をきたす場合があるので要注意です。

■「火星丘」&「火星平原」
“火星”と名のつく場所は、2つの“丘”と1つの“平原”があります。

“木星丘”の下に位置する“第一火星丘”は、闘争心や意志の力を…。

そして“水星丘”の下に位置する“第二火星丘”は、正義感や反骨精神を示し、それぞれ膨らみが強かったりタテ線があれば、その意味が良い方向に強調されます

またこの2つの火星丘の間のくぼみを“火星平原”と呼び知性と感情のバランスや素直さを表します

火星平原は適度にくぼんでいる方が良いとされ、くぼみが強すぎたり丘のように発達している人は、心のトラブルを起こしやすいと言われています。

■「金星丘」
親指の付け根に位置するのが“金星丘”
で、ここがしっかり発達していたりタテヨコの格子状の線があれば、愛情運や身内運、そして人生を楽しむ能力などが強まります

発達が少ない人は、愛情表現が下手で、退屈な人生を送りやすい傾向があるので注意してください。

■「月丘」
第二火星丘の下の膨らみを“月丘”と呼び人気運や霊感の強さを示します

ここが発達している人は、芸術的なセンスに溢れたロマンチストが多く、発達が少なかったりタテ線が無い人は、現実的過ぎて面白みの無い人に思われてしまうでしょう。

■「冥王星丘」
他の丘の様に膨らんでいるわけではありませんが、手首の上の部分を“冥王星丘”と呼びます

ここは意志の強さ、洞察力、先祖との関わりなどを表しタテ線が刻まれていると、良い方向にその意味が強まります

この手のひらの丘、その人の長所や短所、そして全体的な人物像を分かりやすく示してくれます。

恋人や友人の手のひらの丘をチェックしてみると、その人の意外な側面が見えてくるかも知れませんねわーい(嬉しい顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)



posted by 手相占いゆみ at 02:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

手の形と性格

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

他の占い師の方はどうか分かりませんが、私は手相をみる時、はじめに四大線と合わせて手のひらと指のバランスをチェックします。

何故かと言うと、そうする事で性格の傾向が判断でき、それによって四大線などが示す意味も、その人に合わせて読み取る事が可能になるからです。

チェックするポイントは、手のひらの横幅と縦の長さ、そして中指の長さの3ヶ所

手のひらの横と縦の長さがほぼ同じなら「四角い手」、縦が長ければ「長方形の手」とし、手のひらの横幅と中指の長さを比べてほぼ同じであれば「短い指」、指の方が長ければ「長い指」とします。

そしてこの「四角い手」「長方形の手」「短い指」「長い指」の4通りの組合せで、性格のタイプを分類していくのです手(パー)

それでは、それぞれの組合せでどんな性格傾向がみえてくるのか、ご紹介しましょうexclamation×2
性格判断.jpg

■「四角い手」&「短い指」
「四角い手」と「短い指」を持つ人は、とても現実的な性格の人

物事の判断基準も自分の経験や体験が主となり、決して周囲に流されるような事はありません。

多少ガンコな面もありますが、誠実で信頼できる人と言う事ができるでしょう。

この性格分類、西洋占星術にも通じるところがあるのですが、その世界観に当てはめると、牡牛座、乙女座、山羊座と同じ“地”のエレメントに該当します。


■「長方形の手」&「短い指」
「長方形の手」で「短い指」の人は、知識欲が旺盛な自由人

どんなに難しい局面でも、軽やかな身のこなしで柔軟に対応していく、器用さを持った人です。

多少軽はずみで気まぐれなところもありますが、コミュニケーション上手な爽やかな人が多いのではないでしょうか?

エレメントは“風”で、双子座、天秤座、水瓶座と一緒です。

■「四角い手」&「長い指」
「四角い手」と「長い指」の人は、勇気と行動力に溢れたエネルギッシュな人

退屈や停滞を嫌い、ひたすら自分の直感を信じ前に突き進んでいく、パワフルな性格の持ち主です。

勇み足も多く周囲をハラハラさせる事もありますが、その情熱は目を見張るものがあります。

星座では、牡羊座、獅子座、射手座と同じ“火”のエレメントに対応します。

■「長方形の手」&「長い指」
「長方形の手」と「長い指」の持ち主は、思いやりに溢れたロマンチスト

困っている人を見ると放ってはおけない優しさと、人の痛みを自分の事のように感じる感性の強さを持っています。

人からの影響を受けやすく流されやすいと言う弱点はありますが、協調性や順応性では高い能力を発揮します。

エレメントは“水”で、蟹座、蠍座、魚座が同じタイプになります。

この手のひらと指のチェック方法、ものさしなどがあれば誰にでも比較的容易に判断する事ができます。

星座と合わせてみていくと、思った以上にその人の本質に迫る事ができるかも知れませんので、是非一度、チェックしてみてくださいねわーい(嬉しい顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

posted by 手相占いゆみ at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

健康線

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

一般的に手相でみる線は、太くて長いほどその運勢が強まるのですが、中には手のひらに刻まれていない方が運勢の強い線もあります。

その代表的なものが、健康運、特に内臓の健康状態をあらわす“健康線”です。

この健康線、小指の付け根のふくらみあたりに、手のひらを斜めに横切るようにあらわれるのですが、健康な人ほどあらわれ難いと言われています。

最も9割以上の人の手のひらに存在すると言われているので、健康線がある=不健康と言うわけでは有りませんので、ご安心をexclamation

誰もが気になる自分の健康、この健康線のチェックポイントを紹介しましょう手(パー)
健康線.jpg

■まっすぐな線
まっすぐな線は標準的な健康状態をあらわします。

ただ、例えまっすぐでも、普段より太くなったり長くなったりした時は、近い将来に健康トラブルが発生する兆し

いつも以上に、健康に留意した生活を送ってくださいね。

■波打つ線
蛇行するように波打つ線は、肝臓や腎臓が弱ってきているサインです。

この波打つ健康線と合わせて、手のひらの色が赤白まだらや黄色っぽく変化したような時には、お酒を控えるなどの早めの対処が大切です。

■細かい線
細かい線が重なり合うような、途切れ途切れの健康線は、胃腸の不安をあらわします

この線があらわれたら、ストレスのため過ぎや暴飲暴食には充分注意して、健康な食生活を送ってくださいね。

■島状の線
二股に分かれて島を形成する線は、呼吸器系の疾患を示し、喘息や気管支炎などの持病を抱えている人に多くあらわれます

島状の線の持ち主は、うがいやマスクの装着を励行し喫煙を控えるなど、日頃からのどをいたわってあげてくださいね。

さてこの健康線、冒頭でも書いたとおり、不健康な時ほどあらわれ易いということから、健康線ではなく“不健康線”の方が相応しいのではと言う意見も多いようです。

近い将来には“不健康線”の呼び名が定着するかもしれませんねわーい(嬉しい顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

posted by 手相占いゆみ at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。