ますかけ線

2012年05月19日

ますかけ線

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

豊臣秀吉や徳川家康といった戦国武将がこの線だっただったことから、俗に「天下取りの相」「百握りの相」とも呼ばれるますかけ線
ますかけ線.jpg

知能線と感情線が一体となり手のひらを横断するように伸びるこの線は、手相の中でも何か大きな事を成し遂げる強運の印と言われています。

この線の持ち主の一番の特徴は、とてもエネルギッシュで強い個性の持ち主である事。

線が示すとおり、知性と感情を深く結びつけて行動する事ができるわけですから、一度目標を定めればそこに向かうパワーは絶大です。

その反面、目標を見失ってしまうと無駄な空回りが多くなってしまうことも。

ますかけ線を持つ人にとっては、ターゲットをしっかり決めてそこに向かってエネルギーを集中させる事が、その強運を活かす重要なポイントとなってくるのです。

片手だけなら百人に2〜3人、両手なら千人に1人と、とても珍しい相と言われるますかけ線。

ちなみに英語では「Simian line(シミアン・ライン=類人猿の線)」と呼ばれています。

類人猿の手相をみたことはありませんが、進化する前の人間にとっては一般的な手相だったのでしょうか?手(パー)

動物的な本能で、知性と感情を一致させて目標に立ち向かっていく…。

もしかしたら、ますかけ線が示す意味はこんなことなのかも知れませんね。わーい(嬉しい顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)



posted by 手相占いゆみ at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。