運命線

2012年05月14日

運命線

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

生命線、知能線、感情線と並んで手相の4大線と呼ばれるのが、手首から中指方向に向かって手のひらの中央を縦に伸びる運命線です。

運命線.jpg

この線はその人に与えられた社会的なポジションや人生の方向性、職業に関する思いの強さなどを表します

■線の太さ
運命線の太さには、職業や社会的な目標、野望などの強さが表れます

太い人は、仕事に対する目標がはっきりしていて、それに向かうエネルギーも大きい人

細い人は、人生の目標が希薄で、仕事や趣味に関してやりたいことが明確になっていない人を示します。

■線の長さ
運命線の長さには、社会的な目標に向けて頑張っている期間が表れます

長い人は、人生全般にわたってエネルギッシュに夢に向かって立ち向かう、生涯現役タイプの人

短い人は、人生の一定の期間にエネルギーを集中させる、短期集中タイプの人を示します。

■線の起点と到達点
運命線は手首側をスタートに、上に向かって伸びていくと考えます。

この起点が手のひらの中央あたりにある人は、大人になってからやりがい・生きがいを見つける大器晩成タイプ

手首のすぐ上あたりにある人は、早くから自分の目標を見つける早熟タイプや家業を継ぐことが生まれたときから運命付けられた人を表します。

また到達点が指の付け根まで伸びている人は、死のギリギリまで社会的使命を全うする運命を持ち、手のひらの中央あたりで終わっている人は、スポーツ選手のように若いうちに現役を終える運命を持っています。

この運命線、4大線と呼ばれる割には結構線が明確に現れていない人をみかけます。

特に女性に多いのですが、そういう人は仕事に生きがいを感じるよりも、家庭を守る専業主婦である事に安らぎを見出すタイプと言えるでしょう。

逆に運命線の強い女性は、ご主人に先立たれても1人で生活していけるということから昔は“後家相(ごけそう)”と呼ばれるなど、結婚と縁遠い相としてあまり歓迎されていなかったようです。

もちろん、キャリアウーマンが市民権を得ている今の世の中では、運命線の強さと結婚運には大きな因果関係は無い事は言うまでもありませんわーい(嬉しい顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)



posted by 手相占いゆみ at 03:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。