生命線

2012年05月02日

生命線

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

人差し指と親指の間から始まり、手首に向かって下に伸びていく生命線

手相に興味のない人でも、一度は自分の生命線を見た事があるはずです。

生命線2.jpg

実際、生命線は手相鑑定において最も重要な役割を果たしており、その太さや形状、向かっていく方向で、その人の生命力人生を送る中での変化やタイミング、そしてライフスタイルの傾向などを教えてくれます。

■太い線と細い線
太くて力強い生命線は豊かな生命力を、細くて弱々しい生命線は大人しく控え目な性格を表します。

■生命線の形状
カーブの多い生命線は変化の激しい人生を、カーブの少ないシンプルな生命線はあまり冒険することのない安定した人生を暗示します。

■生命線の向かう方向
手首側に伸びた線が小指方向に向かっている人は年老いても活動的で恋多き人、中央に向かっている人は家族と過す落着いた晩年を望む人、親指側に向かう人は最後まで快楽を追い求める人になりやすい傾向があります。

また生命線は人差し指側をスタートに、手首側に向かって人生の時間経過も示しているため、その他の線が生命線のどの位置に関るかで、結婚や開運などの時期を読み取る事も可能となっています。

このように、生命線は“生命”というよりも“人生”を表す線と言った方がいいかも知れませんね。

実は私は、生命線をみる際には“”というより“”を思い浮かべながらイメージを膨らませています。

川の流れと人生の移り変わり、なんとなく似ていると思いませんか?

ちなみに、鑑定をしていると“生命線が短いので長生きできないのでは”と本気で心配している人を多く見かけますが、生命線の長短は寿命の長短を表しませんのでご安心くださいわーい(嬉しい顔)

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)




posted by 手相占いゆみ at 06:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。