手相 右手と左手

2012年04月24日

手相 右手と左手

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)

手相鑑定をしていると、お客さんに「どちらの手を出したら良いのか?」とよく聞かれます。

私は必ず「両方の手をみせてください」とお願いするのですが、実はこれ、流派や占い師によって異なっていて、正解というものは存在しません。

では何故私が両手をみるかというと、それは「左手は先天的な運勢」「右手は後天的な運勢」をあらわすという考え方が、これまでの鑑定経験から一番しっくり来るからなんです。

このロジックの元になっているのが「人間のパワーは左手から入り右手から出て行く」という考えです。

人間は生まれた時に左手からパワーを授かりそれが宿命として左手に記され、そのパワーを今どのように生かしているかが右手に運命として記されると言うわけですね。

余談ですが、心臓が左にあって右へパワーを送っているのも黒ハート右利きの人が多いのも手(チョキ)、もしかしたらそんな事が理由なのかもしれません。

実際鑑定をしていても、両方の手がまさに左右対称のように似通った人は宿命に逆らわない素直な人だったり、まるで別人のように異なる人は宿命に納得しない反骨の人だったりと、このロジックの説得力には我ながら感心する事も多いですよ。

また、右手の方が強い手相の人は充実した“今”を送っているし、左手の方が強い人は自分の能力を活かしきれていない印象も強いですね。

以前は「男は右手、女は左手」とか「利き腕をみる」というケースが主流だったようですが、今では多くの占い師さんが「両手をみる」スタイルを採用しています。

左手は変える事の出来ない宿命で、右手は変えられる運命…。

そんな意識で左右の手相の違いを見比べてみると、きっと新しい自分を発見できますよexclamation×2

占い師の私がオススメの“本当に当たる”占いはこちらぴかぴか(新しい)




posted by 手相占いゆみ at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。